熊本大学言語学研究室
Dept. of Linguistics, Kumamoto University

[Why] [Who] [What] [How] [Now]

● 科目一覧 Course work

>> 博士後期課程(社会文化科学研究科人間・社会科学専攻フィールドリサーチ領域)

総合演習 言語情報機能分析演習 現代言語調査分析演習 フィールドリサーチ論演習

>> 博士前期課程(社会文化科学研究科現代社会人間学専攻フィールドリサーチ研究コース)

[必修科目]フィールドリサーチ実習II(言語調査実習)
[選択科目]現代言語理論 現代言語構造論 現代言語文化論

>> 文学部文学科超域言語文学コース・言語学履修モデル開講科目

[専門基礎科目]言語の調査と分析
[基盤科目]言語学概論I 言語学概論II 音声科学 言語の資料と分析
[展開科目]言語学演習 言語学特殊講義

● 学部必修科目 Compulsory subjects

>> 言語学概論I・II

 音韻・文法・意味など多岐にわたる言語現象を、言語学がどのように捉えるかを、さまざまな角度から論じます。

>> 音声科学

 言語は音声の差異を利用する記号体系ですが、生物としての人間がさまざまな音声を作り出す仕組みを理解し、言語が利用することのありうる音声の違いについて学ぶ実技科目です。応用音声学では、作り出された音声の物理的性質や、言語がその差異をどのように利用するかを学びます。

>> 言語の資料と分析

 言語情報、特に、文字情報は、ディジタルな情報伝達技術に早くから対応した分野で、情報ネットワークの普及に伴なって、やり取りされる情報の量や種類も爆発的に増加しています。このようなやりとりの基本的な仕組みと、言語研究や語学学習への応用の方法を学びます。音声情報や動画情報のディジタル化の方法を身につけ応用することを目標とする内容も含みます。

● 学部複数開講科目 Optional subjects

>> 言語学特殊講義

 主として3年次以上を対象として、やや専門的な話題について深く掘り下げて学びます。幅広い分野から、毎年複数の授業が開講されます。言語習得、社会言語学、言語教育学など、常勤スタッフでは手薄な分野については、他大学から客員をお迎えすることもあります。

>> 言語学演習 

 実際にある言語の話者を授業に招き、いろいろな質問をしながらその言語についての基本的な事柄を実地に学んでいく訓練を含め、ある具体的な言語現象について、複数の言語へのその現われ方を観察し、共通点と違いを分析することによって、一つの言語だけを見ていたのでは理解できないその言語現象の本質を理解することを目標とする演習科目です。

● 論文指導 Thesis

>> 課題研究I/II/III

 超域言語文学コースの学生のうち、言語学関係の卒業論文を書く場合には、言語学履修モデル開講の課題研究を履修しなければなりません。言語学がどのようなことを問題とし、それをどんなやり方でどのように解くか、について、実地にさまざまな研究論文を読むことによって理解し、自分なりの研究テーマを決めてどのような方法でどのように分析すればよいかを指導します。言語学の範囲に収まることであれば、どのような言語のどのようなテーマであっても指導します。

>> 卒業論文

 最近の卒業論文題目一覧(平成8年~)

[Why] [Who] [What] [How] [Now]